「科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 ライフサイエンス委員会」(第85回)が開催されました。

平成29年6月6日(火)、文部科学省で科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 第85回ライフサイエンス委員会が開催され、第9期同委員会における主な検討事項と平成29年度研究評価計画等について話し合われました。


その中で科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)から「ライフサイエンス・臨床医学分野の研究動向」として分野全体の技術動向・海外動向、重要テーマ群について報告がなされました。ゲノム医療に関わり、重要テーマのひとつとして"Genome-Write technology"(ゲノムを合成し操作する技術)が紹介され、この技術については、2016年5月から米国を中心に「Genome Write Project」として国際連携の議論が開始されているそうです。


次回(第86回)は7月頃に開催され、オーダーメイド医療の実現プログラムの事後評価、ゲノム医療実現のための研究基盤の充実・強化に関する検討会報告、ライフサイエンスデータベース統合推進事業の進捗と今後の方向性についてなどが審議される予定です。



文部科学省 ライフサイエンスの広場

審議会 科学技術・学術審議会ライフサイエンス委員会 ライフサイエンス委員会

http://www.lifescience.mext.go.jp/council/committee007.html


JST CRDS

http://www.jst.go.jp/crds/